10代からのメイクマネー

メイクマネーメソッド

お金の知識をつけたい人へのメッセージ。 お金の貯め方、稼ぎ方、増やし方、守り方、使い方を勉強し、シェアします。

10万キロ越えヴェルファイアハイブリッドを買うのはお得なのか?

f:id:OgdenMorro:20220719020653j:image

 

by わっさーオグデン

 オグデン/ブログ『メイクマネーメソッド』 (@OgdenMorro) on Twitter

 

 

この記事はこんな人におすすめ

⚪︎車がほどほどに好き

⚪︎中古車でいい

⚪︎お得に買えたらええな

 

 

最後におすすめの書籍を紹介しているので、最後だけでも見ていってください。

 

 

本記事を読むとわかること

⚪︎ググれば出てくる中古車価格

⚪︎10万キロで交換が必要な部品価格

⚪︎最後にはみんなが行き着くであろうお馴染みの結論
 

スポンサーリンク

 

 

 

 

お店に行く前に、ネット価格情報から妄想するコーナーです。

『10万キロ越えたら買い替え』『10万キロ超えたら交換部品たくさんで、お金かかるから買い替え』『10万キロ超えたら車両価格が落ちる』等の話をよく聞きます。

そんな中、『10万キロ走ってやっと慣らしが終わった感じ。これからだよ』なんて話も聞きます。

10万キロ超えたら買い替える風潮は、車の生産者側が利益を上げるためのものなのでは?とか考えてしまったり。

ワンチャンお得に買えたらいいなってことで、考えてみようかと思います。

検証する車は、中古車市場のヴェルファイアハイブリッドです。アルファードよりもやや安い価格になっているようです。ハイブリッドなのは、単に自分が欲しいからです。

過去、ヴォクシーやノアと同じ価格で上のグレードを買えたエスクァイア と似た現象があるように思えます。外装のデザインが異なるだけで、中身は一緒なのに人気不人気で中古車市場で価格差が生まれる現象のことです。

こだわりが強くなければ、その価格差を利用して少しだけお得に車を買うことができます。

今回はさらに10万キロ越えの車両を購入するのは、ありか無しか考えてみようと思います。

 

1.    解説① 10万キロ車両価格
2.    解説② 10万キロ超えたら必要な交換部品と価格
3.    解説③ 交換パーツ価格込みの値段で買える車両はどんな状態のものがある?
4.    まとめ

 

1.    解説① 10万キロ車両価格

f:id:OgdenMorro:20220719043024j:image

まず、カーセンサーで走行距離10万キロ付近のヴェルファイアハイブリッドの年式、グレードと価格をピックアップしてみます。

f:id:OgdenMorro:20220719020851j:image

カーセンサーのようなネット情報の価格は、その他多くの店頭価格より安くなっているようです。実際みなさんが買うとなると30万〜50万くらい高くなるのが一般的です。ということで、上記画像の総支払い目安はカーセンサー価格に30万円上乗せした価格を記載してあります。

結果、ヴェルファイアハイブリッドの最安値付近では年式2015年が多く330万円くらいで購入できそうです。

また、10万キロ未満、10万キロ少しオーバー、20万キロ弱でも驚くほど価格は変わらないようです。

 

2.    解説② 10万キロ超えたら必要な交換部品と価格

f:id:OgdenMorro:20220719043049j:image

問題は、10万キロ超えてくると交換が必要な部品が出てくることです。

いったい何の部品で、いくらなのでしょうか?

f:id:OgdenMorro:20220719023420j:image

全部交換を想定し、最安で55万、最高103万、中央値79万を目安とします。

車両自体を330万円で手に入れたとしても、販売店がある程度パーツを交換していなかった場合、上記の交換パーツ代が上乗せされ、交換パーツ込みでの車両価格は、最安で385万、最高433万、中央値409万を目安とします。

 

3.    解説③ 交換パーツ価格込みの値段で買える車両はどんな状態のものがある?

f:id:OgdenMorro:20220719043120j:image

どうせすぐ部品交換でそれだけのお金がかかるなら、始めからその部品交換価格を予算に入れれば10万キロ超えの車なんてかわなくても、低走行距離でもっと年式の新しいやつ買えるのでは?という疑問が湧いてきます。

まず、部品交換価格を予算に加えた最安目安385万の価格帯の車両です。

f:id:OgdenMorro:20220719031657j:image

年式は2015年が多く、走行距離5万キロ前後でグレードが高いものが330万円台よりも増えた印象です。

次に、予算最高値目安433万円台は…。

f:id:OgdenMorro:20220719033607j:image

最安値予算と変わらず2015年式5万キロ前後のバリエーションが多いがハイグレードのものが目立ちます。また、1番グレードの低いXならば年式が新しく3万キロ以下のものが手に入り易い価格帯のようです。ハイブリッドならグレードが低いXだとしても、内装がいいのが魅力的です。

最後に、中央値予算409万円台のラインナップです。

f:id:OgdenMorro:20220719035811j:image

中央値予算のバリエーションは、最安値予算とさほど変わらない印象なのでこの価格帯を狙うなら、最安値予算385万円で探す方がお得なのではないかと考えます。


4.    まとめ

f:id:OgdenMorro:20220719043146j:image

以下個人の意見です。

悩ましい結果に…。

お店に行って、10万キロ交換目安のパーツをほぼ交換してくれている状態で330万円なら即購入。値段の高い部品を変えてるか変えていないかが判断の分かれ目です。

してないなら、部品交換価格を見込んだ価格帯385万円のものか、余裕があるなら433万円でエグゼクティブなカーライフ!

こんなしょーもない結果でしたが、誰かの参考になればと思います。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

あぷりしえいてぃっ ( ^^) _U~~

 

 

こんな記事も読まれています
 


おすすめの書籍 
 

 

 

mobile.twitter.com