10代からのメイクマネー

メイクマネーメソッド

お金の知識をつけたい人へのメッセージ。 お金の貯め方、稼ぎ方、増やし方、守り方、使い方を勉強し、シェアします。

配当の正しい見方 #配当利回り #配当性向

配当の正しい見方 #配当利回り #配当性向

 

by Rey

レイ・ベルフォート @ α7iii (@BelfortRey) on Twitter

 

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 自分に合った投資法を見つけたい
  • 配当で女の子にプレゼントして、カッコつけたい
  • 堅実な投資で将来に備えたい

 

 

 

最後におすすめの書籍を紹介しているので、最後だけでも見ていってください。

 

 

本記事を読むとわかること
  • 配当とは何か
  • 配当の正しい比べ方
  • 配当利回り、配当性向について

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

配当とは何か

配当とは何か

 

配当とは、企業が株を持っている人に稼いだ利益の一部を分配することです。

配当のある株を持っている人は、その会社の利益の一部をもらえるということです。

 

例えば、配当が30円の場合、1株持っていると30円もらえます。

100株持っている人は、3,000円もらえます。

 

ただし気を付けなければいけないのは、配当が多ければ良い企業、無いからよくない企業という訳ではありません。 

配当が無い企業は次のような理由が考えられます。

  • 利益が少なくて配当を出せない
  • もっと稼ぐために利益を投資している

 

逆に言えば、配当を多く出していても良くない企業はあるので、配当だけで企業を判断するのは注意が必要です。

 

 

 

配当とは何か もっと詳しく

配当とは何か もっと詳しく

配当を見るときの注意点 

配当を見ると、1株30円とか100円とか企業によって様々です。

一見、1株100円の配当の方がたくさんもらえそうですが、そうとは限りません。

気を付けなければいけないのは株価です。

 

  • 【A社】配当30円、株価1,000円
    → 10,000円持っていれば、10株買えて配当は300円。
  • 【B社】配当100円、株価10,000円
    → 10,000円持っていれば、1株しか買えず配当は100円。

 

正しい指標で配当を比べよう

上記のような問題を解決する指標が以下の2つの指標です。

この2つの指標を理解することで、正しく企業を比べることができます。

 

 

配当を比べてみよう

配当を比べてみよう

配当利回り

○どうゆう指標?

配当利回りは、株価に対してどのくらいの割合で配当されるかを見る指標です。

 

○計算方法

配当利回り(%)=配当(円)÷株価(円)×100

 

○こんな感じ ↓↓

  • 【A社】配当30円、株価1,000円
    → 30円÷1,000円=3%
  • 【B社】配当100円、株価10,000円
    → 100円÷10,000円=1%

 

配当性向

○どうゆう指標?

配当性向とは、稼いだ利益からどれだけ配当を出しているかを見る指標です。

配当性向が高ければ、株主に多く還元している企業ということになります。

 

○計算方法

配当性向(%)=1株当たりの配当(円)÷1株当たりの純利益(円)×100

 

○こんな感じ ↓↓

  • 【A社】配当30円、株価1,000円、1株当たりの純利益200円
    → 30円÷200円=15%
  • 【B社】配当100円、株価10,000円、1株当たりの純利益500円
    → 100円÷500円=20%

 

 

 

まとめ:配当の正しい見方

まとめ:配当の正しい見方

 

配当が多ければいい会社!ではない。

1株当たりの配当が多ければたくさん配当がもらえる!ではない。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもおもしろいと思った方は、コメントやフォローをしてくれると嬉しいです!
またお会いしましょう!

 

 

こんな記事も読まれています

 

www.xaeipulm-perfectorder.com

www.xaeipulm-perfectorder.com

 


おすすめの書籍